50代、仕事がなくなって子供の大学の費用に

子供の学費というと、奨学金を頭に浮かべる人が多いですね。

しかし手続きが面倒なうえ、子供がすごく嫌う場合があります。うちの夫は大手企業勤務なので、子供は生活に困っているとは感じていないでしょう。

毎日の食事には手を掛けて、一戸建ての家がありなんとか普通の暮らしに見えたでしょうね。しかし、うちの夫はかなり趣味にお金を掛ける人でした。

ゴルフや時計、飲み代なども高級志向です。なんとか私も、がんばって派遣社員で働いてきたのですが、足りなくなってニコスで50万借り入れました。

夫には正直に言いました。もちろん、子供には内緒です。就職活動時期になってお金の問題で苦労させたくなかったからです。

子供が就職が決まり、私も在宅で働くことになり、なんとかボーナスで返せそうです。50代になると派遣の仕事が急になくなることがあります。それに、更年期で体調に変化がでてしんどいことも多くなりました。

子供の学費は早い段階からの準備が必要ですね。できれば、奨学金のことなど子供に理解してもらうのもいいかもしれませんね。

私立の大学だと、県外に行けば1000万以上掛かる場合もあります。サラリーマン家庭では難しいですね。

とにかくニコスさんには感謝しています。

このページの先頭へ