カードでのキャシング、借りやすいが......

私は、複数のキャッシュカードを持っています。

だいたいのキャッシュカードには、キャッシング機能やリボルビング機能が備わっており、いざというとき大変助かります。やはり、わずか数秒で数万円単位を借入できるというのがよい機能です。

非常に借りるためのハードルが低く、とても借りやすい。「あっ!持ち合わせが無い!!」とか、「今月はちょっと苦しいなぁ......」というときに、パッと借入してしまうのです。

はっきり言って、現金を借り入れているという自覚がありません。実感もないのです。

借金というと、悪いイメージがありますが、キャッシングというと、悪いイメージが薄まる......不思議に思いますが、事実です。

初めは、ほんの間にあわせのつもりで、困ったときの最後の手段だ......などと自分に言い聞かせて、1~2万円程度のキャッシングをしていましたが、数ヶ月経つと、慣れが出てきて、5~10万円を日常的に借入れるようになりました。

借りるのは何の気なしに借り入れを続けてしまいました。数ヶ月後、返済に追われ出しました。

そもそも収支のバランスが取れておらず、それ故に借入れしたのですから、返済できるはずもありません。しかも高利で借りており、返しても返しても、借金元本の減りは鈍く、請求書を見るたびに後悔の連続でした。

キャッシングと言わず、必ず借金をするんだと言い聞かせながら、返済の筋道を立てて借り入れるようにしてください。後悔しますよ。

このページの先頭へ