キャッシングで悪魔の自転車操業

私が初めて、キャッシングをしたのは、20代前半の頃でした。

当時のアルバイト先が提携しているカード会社が職場にあり、いつも職場の傍らでカード会員を募集していたので、毎日顔を合わすうちに、カードを作ってみようと思い、カードを作りました。

当時は、今のように厳しい審査もあまりなく、学生だった私にも、なんの問題もなくカードが作れました。

ある日、何気なく街角にあったATMでキャッシングという項目を目にして、興味本位でやってみたら、たった一枚のカードから、1万円が出てきたことに、とても驚き、感動しました。

それで、カードの便利さを覚えてしまって、なにかあるたびにキャッシングしては、お金を手に入れ、当時アルバイトをしていたので、収入はありましたが、なにしろ私も若かったので、歯止めがきくはずもなく、気が付けば、次の返済をするために、またキャッシングをして返すという、悪魔の自転車操業生活に陥ってしまいました。

実家で暮らしていましたので、お金を使わずにいようと思えば、使わずにいられる生活だったのが幸いして、なんとか悪魔の自転車ループからは脱出することができましたが、さすがに、自分の状況にきずいたときには、堕ちたな・・・と思いましたね。笑。

いまではその事が、トラウマになり、ニコニコ現金払い派です。

クレジットカードのキャッシングなどは、使い方をわきまえていれば、とても便利だと思います。

ご利用は、計画的に。本当に、いい言葉です。(と思っているあたりが常人ではないですか?)

このページの先頭へ